エアコンやファンヒーターとは違う暖かさのある「薪ストーブ」  体の芯から温まり、燃える炎を見ながらの「ふゥ~」と、感じる ひととき。 心も体も癒される「薪ストーブ」 薪ストーブ関係の体験をはじめ、田舎ぐらしそのものの日常生活をご覧ください。

2019年05月04日

薪の需要

事業を始めた30代の頃は、60才過ぎて薪を扱うとは夢にも思わなかった。
しかし、今では「薪屋さん」と、呼ばれるようになってしまった。

薪ストーブ用はもちろん、キャンプ場・ピザ屋・薪を使った料理店等の引き合いが
引きも切らない。

当社でも20年以上、年3~4回の薪を使った交流会を催しているが、
料理の味が格段にアップする。
長年の原木調達ルートと、薪づくりの好きな人が集まってくるので、
しばらくは、薪づくりが続きそうだ。


事務所の外壁も薪ずくし




今日も、薪づくりは続く。



ブログ閲覧ありがとうございます!

HPにはこちらから。

ブログ村参加しています!応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

  

Posted by かる暖 at 16:26Comments(0)