エアコンやファンヒーターとは違う暖かさのある「薪ストーブ」  体の芯から温まり、燃える炎を見ながらの「ふゥ~」と、感じる ひととき。 心も体も癒される「薪ストーブ」 薪ストーブ関係の体験をはじめ、田舎ぐらしそのものの日常生活をご覧ください。

2017年03月29日

子や孫へ

梅の木を3本植えた。
両親が45年前に植えた梅の木の梅干しは、家族の体調管理に役立っている。
梅干しは、漬けて6年以上たたないと塩がクエン酸に変わらないと聞く。
今食べているものは、30年以上前に漬けたもの。
植えたこの3本も、子供や孫の為になればicon06


古木になった




この品種を




4m離して3本






ブログ閲覧ありがとうございます!

HPにはこちらから。

ブログ村参加しています!応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

同じカテゴリー(プライベート)の記事画像
下草刈りと恵み
無垢板
鶏卵
デモ機入替え
限界
野良仕事
同じカテゴリー(プライベート)の記事
 下草刈りと恵み (2017-04-09 06:09)
 無垢板 (2017-04-08 06:21)
 鶏卵 (2017-04-05 05:19)
 デモ機入替え (2017-04-03 06:15)
 限界 (2017-04-02 05:49)
 野良仕事 (2017-04-01 05:47)

この記事へのコメント
「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。
Posted by 大自然の法則 at 2017年03月30日 22:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
子や孫へ
    コメント(1)